テストテストテスト
モーニングコーヒー(でも)





























モーニングコーヒー(サンプル)

このたびの、熊本地方地震により被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
1日も早く復旧されますよう心よりお祈り申し上げます。
 
弊社は、30年来耐震対策減災対策に取り組んでまいりました。
このたびの熊本地震をきっかけに、地震シェルターの問い合わせ、注文がたいへん増えております。
一瞬にして、今まで安全に暮らしていた我が家が凶器となってしまうのです。
南海トラフ地震が心配されているなか、あの映像をご覧になり不安になったのだとおっしゃっていました。
家屋倒壊の様子、土砂崩れの様子、本当に恐ろしい出来事です。
 
大切な命、家族を守るために、常日頃から、災害に備えておくことが必要だと改めて感じました。
 
我が家にも家屋倒壊に備えて地震シェルターが設置してあります。
非常食、水、毛布など防災グッズを準備してはありますが
この機会に、賞味期限や不足しているものはないか確認します。
 
減災のためにも、皆様にもぜひ、地震シェルターを設置することをお勧めいたします。
 
 
弊社の地震シェルターの特徴
 
1.アルミ合金製
2.軽い
3.強度、垂直過重200t以上
4.部屋は今まで通り使える。
5.安価である
 

2013.6.21sijyou.jpg
津波シェルター『伊勢の方舟』の試乗に来てくださいました。

会社にある、実験用プールに浮かべての試乗をして頂きました。

安定してますね。広いですね。これがあったら津波から命を守れますね。と、感想を頂きました。

これからも、頑張ってくださいと暖かいお言葉を頂きました。

ありがとうございました♪
 

2013年6月24日 東海テレビ『きにナール!』さんが取材に来てくださいました。

津波シェルターの特集をされるようです。
放送日は7月2日(火)午後5時台『きにナール!』で放送されます。
テレビで放送されることにより多くの方に知って頂けることがとてもうれしく思います。

南海トラフ地震での津波被害予想もかなり悲惨な状況です。
大切な命を守る手段を備えることが大切だと思います。

皆さまぜひご覧ください。

 

kininaru13.6.24.jpg

中部ライフガードTEC2013 防災・減災・危機管理展

この度、中部ライフガードTEC2013に出展します。

せまりくる巨大地震・巨大津波から大切な家族の命・自分の命を守るために、ぜひ、この機会に
防災・減災・危機管理について興味を持っていただけたらと思います。

巨大地震・巨大津波から命を守る手段がたくさん展示してあることと思います。
また、備えについてもたくさんの催しもの開催されております。
ぜひ、お立ち寄りください。

津波シェルター『伊勢の方舟』に乗ることが出来ます。ぜひ、試乗してください。

津波シェルターを開発して早1年10か月ほどが経ちました。
中部経済新聞の方から取材の依頼を頂きました。

記事の内容です。

「津波シェルターの個人での購入に対し、補助金を支給する自治体も現れ始めた」と話すのは、
伊勢産業社長の山本憲男さん。同社は東日本大震災をきっかけに、津波用の救命艇「伊勢の方舟(はこぶね)」を独自開発。
製品の普及に力を注いできた。「社会で災害対策への意識が高まるのは、何よりの追い風となる」
救命艇の製造販売を開始してから2年が経過、普及に向けての課題も明確になった。
「頑丈な鋼鉄製のため安全性は確信しているが、その分コストがかさみ、個人で購入できるまで価格が抑えられない」。
現在、課題の克服に取り組んでいる。「採算性もクリアし、ビジネスとして確立する」と目標を掲げる。

私は、津波危険地域に住む方すべての命を救いたい。その思いを胸にこれからも努力していこうと思う。

 

tyubukeizai.gif

先日、宮崎県から津波シェルター『伊勢の方舟』を見に来てくださいました。

大手企業の会長、節賀様は、宮崎県の延岡市よりお越しくださいました。
延岡市は、日向灘に面しており、東南海・南海地震が起きれば5m以上の津波が来ると予想されています。

そんな中で、家族や、社員の大切な命を、津波から命を守る手段をと考え、
インターネットなどで検索し数々の津波シェルターを実際に見て来たそうです。
弊社の津波シェルターもたいへん、興味を持ってくださり今回見に来てくださいました。
漂流実験の様子のDVDもご覧にり大変感心しておられました。
そして、宮崎の海や川などで津波シェルター『伊勢の方舟』を浮かべ、延岡市の方に広めたいと強く思われたようです。

節賀様に、実際に乗っていただきました。
感想は、とても丈夫ですね、広いですね、空気取り入れ口は大絶賛でした。
それと火災に対応するために断熱材が貼ってあることに大変感心されました。
津波で海岸が火の海になっていたあの映像から火災は必ず起こると心配していたそうです。
津波シェルター『伊勢の方舟』ならば、絶対に大丈夫ですね。今までのどのシェルターよりも素晴らしいと、お褒めの言葉をいただきました。
とてもうれしく思います。

さいごに、津波危険地域に住む方たちにもっと津波への危機感を持ってほしい、津波から助かるための
手段を積極的に持つという事を考えてほしいとおっしゃっていました。

まさに、私と同じ考えです。自分の命、家族の命、大切な命は、自分で守るしかないのです。
これからも多くの方の命を津波から守るために、努力をしていきたいと思います。

そして、津波シェルター『伊勢の方舟』により素晴らしい出会いがあったことに感謝です。

 

2013.1.29miyazaki.jpg

明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

先日初詣に行ったときのことです。
看板や表札などは10年に一度くらいで新調すると良いという話が聞こえてきました。
耳を傾けていると、素材は、木そして文字は墨で書くのが良い。さらにそこの長なるひとが自分で書くことが一番良いと説明していらっしゃいました。
これはいいことを聞いたと思い、早速ホームセンターで木を購入して、作成してみました。
自分ではなかなかの出来(笑)と、満足しております。
風水など詳しくはありませんが自分でできる良いことはどんどん取り入れていきたいものですね。

さあ、新年も気を引き締め、健康に注意しつつ仕事をバリバリやっていきたいともいます。

2013.1.7kanban.jpg


 

伊勢の方舟漂流日記~山本憲男~ に、変えました。
理由は、津波シェルターを開発して以来、今までしたことのない経験をしたり、
出会いがあったりと、毎日めまぐるしく変化しております。
これからも素敵な出会いがあるといいなと
津波シェルターから名前をとって、ブログの名前に付けることにしました。みなさま、これからもよろしくお願いたします。120202tuukikou.jpg

 

 


 

2012.11.09kiku4.jpgとても素敵な菊でしょう?

私の古くからの友人、井上氏が趣味で育てている菊です。

毎年この時期に私の家に届けてくれます。

我が家は、この菊を家族みんなで楽しみにしています。

井上氏に水のあげ方や管理の仕方を毎年教えてもらい1ヶ月くらいお預かりさせて頂き、目の保養をさせて頂いております。

暖かい日は庭のテーブルでコーヒーを片手に菊をながめ、家族とワンちゃんで日向ぼっこをする。

井上氏のおかげで何とも幸せなひと時を過ごすことが出来ます。
毎年ありがとうございます。心から感謝いたします。

よろしければみなさん我が家で菊を愛でませんか?

 

 


2012.11.09kiku2.jpg
整列して、とてもきれいでしょう?
大輪も小菊もどちらも本当に美しいです。

 

ホームページへ 伊勢の方舟女将日記

最近のコメント

カテゴリ

ウェブページ