津波対策一覧

津波対策用の津波シェルター、伊勢の方舟

伊勢の方舟とは、激甚災害が及ぼす津波から人々を守るために、伊勢産業は、津波対策用の津波シェルター、伊勢の方舟を開発しました。

伊勢の方舟

伊勢の方舟は、シェルター式になっています。このケースでは子供さんが入っておりますが大人に換算すると12人乗りになります。
浮力があるために津波や洪水に流されても、水面上に浮きあがり命を守ることができます。通気性については上部に空気孔があります。
仮に転覆しても水は侵入せずに、通気性を確保することができます。
転覆した際にはシェルターに復元力があります。そのため元の上下位置に戻ることができて安全性を確保することができます。通気口が破壊されなければ、通気性は確保されおおよそ1日程度生存することができます。

シェルターの通気孔

この写真は、通気孔を拡大したものです。



津波から生き残るために

来ないだろうは『絶対ダメ!!』
津波が来なかったら良かったと思う!!

津波地震の後は津波が来る!!
早いところでは3分で到達する場所もあります。
高さは20ⅿを超えるところもあります。
少なくとも6時間は繰り返す。
第1波が大きいとは限らないどこにいても、避難方法を考えておく
 

伊勢産業が開発『伊勢の方舟』

  • 3分以内で避難
  • 病人・老人・子供・妊婦・誰でもすぐに避難できる
  • どんな巨大津波でも命だけは守れる!!
  • 絶対に沈まない
  • 壊れない
  • 水は入らないのに空気の確保ができる(特許出願中)

人数や設置場所などのよりいろいろな形状の『伊勢の方舟』を用意しております

人数や設置場所などのより
いろいろな形状の『伊勢の方舟』を用意しております

3分で避難『伊勢の方舟』

伊勢産業開発『伊勢の方舟』

地震が来たら、津波に注意して高台に逃げろ!!といわれていますが、必ずしも高台があるとは限りません。
また、病人・老人・子供・妊婦など、災害弱者といわれるかたが高台まで避難できず、亡くなっています。
そこで、3分以内に誰でも簡単に避難できる方法をと、『伊勢の方舟』を開発しました。
 

避難方法の比較

  従来の避難 『伊勢の方舟』による避難
避難方法 高台に逃げる
津波避難タワーに避難
高い建物に避難
方舟に避難
避難時間 時間がかかる
たどり着けない
遠い
3分以内
避難弱者も簡単に避難
近い
従来の避難 『伊勢の方舟』による避難
『伊勢の方舟』を設置することにより
大切な家族の命を確実に守ることができるのです

構造と性能・価格表

構造性能

呼名 浮力kg 定員 自重 余浮力
UKUZO-12 3,288kg 12人 320kg 2,248kg
UKUZO-8 2,730kg 8人 400kg 1,800kg
UKUZO-6 1,804kg 6人 182kg 1,262kg
UKUZO-4 1,175kg 4人 155kg 780kg
UKUZO-2~25 920kg(2人) 2人 77kg 723kg
10,120kg(25人) 25人 600kg 8020kg

方舟は鋼鉄製であり、破壊破損することは全くなく、強固で余浮力が上図のようにあり、沈んだり物の下敷きになることはありません。 どんな巨大津波でも安全安心です。命を守る伊勢の方舟です。
 

伊勢の方舟の種類 火災対応型内側断熱加工

品番 UKUZO-2-120 UKUZO-4-150 UKUZO-6-190  
人数 2人用(180kg) 4人用(360kg) 6人用(260kg)  
高さ 120cm 120cm 120cm  
110cm 110cm 110cm  
長さ 120cm 150cm 190cm  
浮力 1,326kg 1,657kg 2,113kg  
自重 150kg 188kg 260kg  
品番 UKUZO-4-132 UKUZO-6-160 UKUZO-8-170 UKUZO-12-180
人数 4人用(360kg) 6人用(540kg) 8人用(720kg) 12人用(1,080kg)
高さ 95cm 130cm 150cm 160cm
132cm 160cm 170cm 180cm
長さ 132cm 160cm 170cm 180cm
浮力 1,175kg 1,804kg 2,730kg 3,288kg
自重 155kg 182kg 400kg 320kg

ご連絡はこちらから

150208-TEL.gif

津波対策用の津波シェルター、伊勢の方舟を詳しく見る

お問い合わせ
TEL0565-27-3870
FAX0565-27-2510